カードの仕組み

買い物をして支払う方法は、現金のみならず、クレジットカードや電子マネーなどがあります。支払いの時間が短縮するので便利です。クレジットカードは、クレジットカード会社が会員に信用を供与するという意味で名付けられました。カードには、契約者の番号などが記載・記録されています。クレジットカードの入会には、入会のたびに審査が行われ、審査に通った人がもつことができます。磁気ストライプとICによるものがあります。決済のときは、レシートなどに署名をしますが、IC決済の場合は、署名ではなく、暗証番号の入力をすることで決済を行うことができます。クレジットカードはどんな仕組みなのでしょうか。詳しくみてみましょう。カード利用者は、カードが利用できる店舗(加盟店)にて、クレジットカードにて支払いをします。カードが利用できる店舗は、商品・サービス代金の伝票を加盟店管理会社へまわします。加盟店管理会社は、商品・サービス代金から、手数料を差し引いた金額を、カードが利用できる店舗へ一括支払いをします。管理会社は取引情報を処理センターに送ります。処理センターは、取引情報をカード発行会社へ送ります。カード発行会社は、手数料がある場合は手数料を上乗せして、商品・サービス代金をカード利用者へ請求します。カード利用者は、商品・サービス代金をカード発行会社へ支払います。

カード発行会社は、商品・サービス代金からカード利用者紹介手数料を差し引いた金額を管理会社へ支払います。簡単に説明すると、クレジットカードは、利用できる店舗で、商品を購入するために支払いをするときにカードを提示すると、いったんクレジットカード会社が加盟店への支払いを肩代わりします。そして、後でカード利用者へ代金を請求するという仕組みなのです。